・生命保険加入のメリット

当河崎英人税理士事務所ですが
最近、保険会社である日本生命相互会社さんの代理店となりました。

日本生命さんより様々な保険商品をご紹介頂き
私自身も保険についての勉強を進めて参りましたので
今回は、生命保険を利用する場合のメリット
特に事業活動を行っている場合についてご紹介しておこうと思います。


まずは生命保険本来の機能であるリスクへの備え
つまり経営者さんに病気・事故等の万が一があった場合の生命保険です。
事業活動を行っている場合に経営者が長期間不在となってしまうことは
経営に大きな影響を与え経営不振に陥りかねません、
さらに事業活動において多額の借入をしていた場合
借入の返済は今後の事業活動においても大きな負担となってしまいます。
また借入について経営者所有の物件等をしている場合は
経営者個人の問題にも繋がってしまいます。
こうしたリスクに備えるため、前もって疾病・死亡・医療保険等に加入し
万が一の事態が起きた際に保険金を受け取ることにより
経営者不在時の損失補填や多額の事業借入の返済といった
問題の対処が可能となります。

次は節税対策としての側面をもつ生命保険です。
法人であれば、経営者を被保険者とし受取人を法人とした場合の
生命保険の保険料は法人の費用として計上することができます。
これにより利益金額が減少し法人税額が減少することになります。
また経営者に万が一がなければ、機会を見計らって保険を解約することにより
支払った保険料の大部分の返還を受けることができます。


「保険」というと身構える方もいらっしゃいますが
使い方次第で非常に有用かつ非常時の助けとなるものですので
保険の利用について考えてみることは非常に価値のあることです。
ご自身の起業・ご家族・借入・高齢化等といった環境が変化する節目に
一度保険の利用についてご一考されることをお勧め致します。

これらの保険の利用について興味を持たれましたら当事務所へご連絡下さい。
面談にて、資料と共により詳しくお話致します。。

保険資料
2017年09月05日